スタッフブログ

テニスは奥深いです。 (袴田)

こんにちは。袴田です。

 

外は雨です。底冷えしますので、足元注意です。

丁度、ニッケではサポートソックスが売っていますので、レッスンで足が疲れる方、冷える方は注目ですよ。

 

 

先週の日曜日、セミオープン男子ダブルスご参加ありがとうございました。

 

先輩が出て、私のクラスの方もたくさん出て頂いたので、大注目していましたが、

 

本当に面白い試合ばかりで見ていて飽きなかったです。

 

 

試合に感銘を受けたので、たまには真面目なテニスの話を。

 

ポイントを取るには、どうしたら良いでしょうか?

1.      エースを取る。

2.      相手の嫌な所に打って、ミスをさせる。

 

ものすごく大きく分けると2種類しかありません。そしてどちらも同じ価値の1ポイント。

 

試合を見ていて感じたのが、ロブの重要性。

 

ロブは抜ければエースになるし、それが返球されても陣型を崩せる。

 

抜けなくても相手の嫌な所に打った事になる。1・2を兼ね備えているんですね。

 

ただし浅いとドカーンとスマッシュを打ちこまれる。

 

これをやられるのが怖くて、上げられなくなるのもわかりますが、

 

空間意識を高めて、ロブを上げられるとダブルスでは有効ですね。

 

足元へと上へ、ボレー対策の基本ですね。

 

また、自分は何もしていないと謙遜していた方もいらっしゃいましたが、

 

ペアとの兼ね合いで、ミスをせず、アシストに徹するのも、充分レベルの高いプレーだと思います。

 

本当に見ていて色々な事を再確認しました。ご参加ありがとうございました。

 

来期の試合系イベントは、ミックスダブルスです。

 

セミオープンダブルスは、5月18・25日の予定です。挑戦お待ちしております。

 

最後に「まめをの一言」です。

まめを