スタッフブログ

「東レPPO観て来ました」(室伏)

室伏です。

伊達コーチが観戦に行った次の日に、私もPPOを観戦してきました。

当日のオーダーオブプレイを見たら、私の興味を引くカードは夕方からだった為、

イブニングチケットという16:30から発売される「S席」の割引チケットを買う事にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

東京に転勤になって半年が過ぎましたが、この日初めて「ゆりかもめ」に乗って有明まで・・・。

ゆりかもめって、無人運転!?ですよね!

駅に駅員さんもいない!

運転士も車掌もいない!って大丈夫なの?!

すみません。田舎者なもので・・・。

 

コロシアムの自分の席を確認したあと、クルム伊達選手のダブルスがNo1コートで行われるので、そちらに移動・・・、ここでビックリ!長蛇の列。

No1コートは、屋外コートで仮設スタンドですが、消防法により定員が決めてあるようで満員札止め。

コートチェンジの時に退出されるお客様の数だけ入場出来る訳で・・・。

おちおちトイレにも行けません。

結局ファーストセット1-4の時にやっと中に入れました。

女子のダブルスはスクール生ならどのレベルの方でも、自分のプレーの参考になるし勉強にもなると思います。

つなぐボールの深さ、ポーチのコース、サービスに対するリターン、二人のポジショニング・・・etc。

敗れましたがクルム伊達組の健闘もあり久々に堪能しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

引き続き行われたのが、ウオズ二アッキVSハンチュコバ戦。

伊達選手のダブルスの後だったので観客は半分位に減っていたお陰で、最前列で観戦しました。

二人の息遣いや打球音、ボールの伸びとスピードに感嘆の思いで観ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、少し気になる事もありました。

それは、マナー。

プレー中にフラッシュを焚いて写真撮影をする人、コートチェンジで「タイム」の声が審判から掛かってもなかなか着席しない人、自分勝手な声援をする人・・・。

伊達さんのダブルスにおいては、「キミコ頑張れ!」と叫ぶ女性がいたり、ウオズ二アッキに対して「キャロリーヌ~」と声を出すちょっと「おたくっぽい男性」がいたり・・・。

応援したい気持ちは分かるけど、集中したい選手の気持ちを思うと、空気読めよ!と思ったりしました。

応援は拍手と歓声でするようにしましょう。

決勝をTBSで観ましたけど、マナーは良かったですね・・・。

名古屋に居ると、なかなか世界のトップが集まるトーナメントを観る機会は無いですから、東京勤務の間はチャンスがあればいいプレーを観て、モチベーションを上げてレッスンに臨みたいと思います。

皆さんも、これから楽天オープン、全日本選手権とビッグトーナメントが続きますので、時間が有れば会場で、生で、観て欲しいと思います。