スタッフブログ

「錦織 圭、世界チャンピオンの夢」  (室伏)

(これは号外です)

 

錦織 圭選手が、

小学6年生の時に書いた作文を見付けました。

 

「僕の夢」  錦織 圭

この六年間で一番思い出に残ったことは、

テニスで日本一になったことです。

練習で一生懸命やった結果が出たと思います。

全国選抜や全国小学生大会、全日本ジュニアの三つの大会で優勝しました。

一試合一試合を「絶対勝つぞ」と思ってやりました。

そして「優勝」までいけた時は、すごく嬉しかったです。

ぼくはテニスのラリーが長く激しく続くところが好きです。

いろいろなコースに打ちわけ、深く打ったり短く打ったりします。

チャンスボールがきた時、強いボールを打つのが好きです。

決まった時はすごく気持ちがいいです。

このショットがいつも打てるように練習していきたいです。

試合に出ることで友達が増えました。

友達が増えたおかげでいろいろな話をしたりいっしょに練習したりできます。

それもテニスが好きな一つです。

これからはだれにも負けないように、

苦しい練習も絶対諦めずに全力でとりくんでいこうと思います。

夢は世界チャンピオンになることです。

夢に向かって一歩一歩がんばっていきます。

 

 

 

tennistm-471415

 

 

この作文を読んだ時、現在の彼のプレーが脳裏に浮かんできました。

夢の実現まで、あと1勝のところまで来ています!

 

マイケルチャンコーチは、錦織選手にこう言っているそうです・・・。

「You are not done yet!」

(あなたは、まだチャンピオンになっていない・・・)

 

私達は、遠く日本から応援する事しか出来ませんが、

9日早朝は、一丸となって錦織選手を応援しましょう!