スタッフブログ

『くぼプリ』(久保田)

ども~久保田です。もう冬本番ですね。一昔は冬でも薄着派だったのですが、以前に佐久間コーチからユニクロのヒートテックがすばらしいと聞いて、半信半疑で購入して着たところ、うすっぺらいのにも関わらず、驚くほど暖かいではありませんか。それ以来、セブンタウンのユニクロで暖かそうなものを買いあさっています。ユニクロは土日がかなりお得みたいですね。一人身で金銭感覚がおかしいので、平日でもバンバン買っちゃいます。オススメの暖かグッズあったら教えてくださ~い。

 

さぁ~皆さん!!先週、予告した物語を発表したいと思います。細かい設定は10月13日のブログをご確認下さい。今のところ全部で6話まであります。1話ずつ紹介していきますね。完全なるフィクションですので、悪しからず(笑)

 

第1話 【放課後のテニスコートで・・・】

 

「久保田さんfight!!」

「キャー!!久保田さんがこっちをみたわ!!」

いつものように女子からの黄色い声援が飛び交っている。

「はぁ~・・・」

久保田は軽くため息を吐きながら、練習の準備をしている。

「おい。久保田。相変わらず人気だな。」

外見は優しいオーラで溢れているが、練習になると鬼すぎる、顧問の河合コーチだ。

「からかわないで下さい、河合コーチ!俺はテニス一筋ですから、女子には興味ありません。」

そこへ、細身だが引き締まった身体つきで、さらさらヘアーをなびかせている男が近づいてきた。

「俺は佐久間。フロリダでは俺を知らない者はいない。久保田を探している。」

「俺が久保田だが・・・」

「お前が久保田か!!ここで、1番強いと聞いている。俺と勝負しろ!!」

(何だか騒がしいやつが来たが、練習相手になりそうだし、良いだろう。)

「河合コーチ、1セットだけやらせて下さい。」

「まあ、1セットならいいだろう。佐久間、フロリダNO.1の実力を見せてくれ。」

「任せて下さい。こんなやつすぐに倒してみせますよ。」

 

「Play・・・」

「ではいくぜ、久保田!俺の必殺技を見て腰を抜かすなよ!!」

「おしゃべりの多いやつめ。さぁこい!」

 

試合は激しい打ち合いになった。

「そりゃ~」

久保田の切れのあるショット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「せいや~」

佐久間も負けずに応戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おお!!このラリー40本以上続いています・・・」

「大野!ぼさっとしていないで、マネジャーの仕事として、この試合のデータをとっておけ」

「はい。河合コーチすみません・・・」

 

「これならどうだ!俺の必殺技、エアー佐久間!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おおー!!」

コートにいる、全員が声を上げた。

「どうだ。久保田!!ふっ」

「佐久間、なかなか面白いな」

 

試合は佐久間が優勢に見えたが・・・

「久保田め!また、こんなチャンスボールを打つとは・・」

「エアー佐久間!!」

(な、なに!!エアー佐久間が返された!!今のはまぐれに決まっている!!)

「よし、次こそは決めてやる!!エアー佐久間!!」

(まただ・・偶然なのか・・?それとも返せるだけの実力の持ち主なのか??)

「佐久間、甘いな。エアー佐久間は何度打っても返せるぞ!!最後に俺の技をみせてやろう。ダイナマイトサーブ!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一歩も動けない佐久間。

(なんてサーブだ・・・この俺に取れないサーブがあるなんて・・・)

 

「ゲームセット。6-0で久保田勝利!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今日は負けてやったけど、この次は俺が勝つからな!」

泣きながら、佐久間はコートを去って行った。

 

その様子を遠くから見ていた謎の男は、帽子を深く被り直し、不適な笑みを浮かべ立ち去った。 

つづく。

 

どうでしたか?うまくできていますよね?写真は私が勝手に貼り付けちゃいましたが、ストーリーは、すべてジュニアの子が作ったものです。来週は第2話【謎の新入部員現わる】です。お楽しみに~♪