スタッフブログ

揺らぐ心、揺れる想い。(kunipon48)

 こんにちは。室伏です。

 

 この2カ月位の間、私、心が揺らいでいます・・・。

 新たな出会い、そして別れがあり、単なる偶然が偶然だけとは思えないほど続いてみたりして・・・。でも、なかなか自分の思い通りになってくれません。予期せぬ事に悲喜交々で、心に波風が吹き荒れます。

 

 武田鉄矢(海援隊)のヒット曲に「人として」という曲があります。3年B組金八先生の挿入歌としても有名です。

♪~人として人と出会い、人として人に迷い、人として人に傷付き、人として人と別れて、それでも人しか愛せない~♪ 

このフレーズが、私の心を鷲掴みにしたのは、もう30年以上も前になるかな・・・。今でも時々頭の中を巡る時が多々あります。

 

皆さんにシェアして頂きたいフレーズを見付けました。

 

この世の中に

「雑用」という用はございません。

私達が用を雑にした時に、雑用は生まれます。

時間の使い方がそのまま「命の使い方」になります。

丁寧に時間を使いますと、丁寧な人生が残ります。

ぞんざいに時間を使いますと、私の人生の中のぞんざいな時間として残ります。

 

自分の人生をどう生きているか・・・、

それは平凡な日々の時間を、どれほど愛を込めて自分らしい時間にするか、

ということにかかっているのです。

 

他人と比べても「私」の価値は変わるものではありません。

 

自分は自分「オンリーワン」として生きる。

その自信を持つ事が大切だと思います。

親子や兄弟、夫婦、親友など親しい間柄にあっても、

相手を知り尽くす事は出来ません。

 

自分の知らない相手の世界を許す「あたたかい心」が必要になってまいります。

私達は一生心の波風と共に生きて行かなければなりません。

 

人間は決して自分の思い通りには生きられません。

その中で、笑顔で生きるか?

暗い顔をして生きるか?

感謝して生きるか?

愚痴の多い生活をするか?

 

幸せに生きる自由も、不幸せに生きる自由も、

わたし達人間には、与えられています。

 

どうですか・・・?

長い人生、決して自分の思い通りには生きられません。

その中でいかに謙虚に、感謝の心を忘れずに笑顔で生きて行く為には・・・?

まだまだ、私、修行が足りません。

 

でら難しいでかんわ・・・。(名古屋弁です。とても難しい事です・・・。という意)