スタッフブログ

「観戦マナーって・・・?」(kunipon48)

こんにちは。室伏です。 

 先週の火曜日、久保田コーチと東レPPOデートでした。この日は、久保田コーチの「PASMO」デビューの日・・・、初めてPASMOを手にした久保田コーチは嬉しそうでしたね。 

 

 

 

 

 

 

 有明コロシアムに着いて、すぐにクルム伊達選手の試合が始まりました。相手は第12シードのストーサー選手、女子では屈指のパワーテニスで、キックサーブとフォアの強打が武器の強敵です。過去の対戦でも伊達選手には相性の悪い相手でした。 

 第1セットは3-6で落とした伊達選手でしたが、ひと汗掻いた第2セット、ゾーンに入った感のある伊達選手のライジングショットが冴えて5-3でリード。ここから、ストーサー選手がギアチェンジをして来ます。白熱のラリーが続き、観客全員が引き込まれて行きます。伊達選手のポイントの度に大声援と大拍手が起き、ミスが出ると「あ~・・・」というため息が漏れるそんな状態が続きました。あの伝説の試合「グラフ対伊達」のフェド杯が、私の中でリンクしていました。

 

 6-6になりタイブレーク、ファーストポイントで伊達選手のサーがダブルフォルト!観衆から漏れる「タメ息と悲鳴・・・」、ここで伊達選手が天を仰いで何かを咆哮しました。続いて2-4になり、伊達選手のバックハンドダウン・ザ・ラインがジャストアウト!またしても「タメ息と悲鳴・・・」。ここで伊達選手がキレました・・・。観客席に向かって「アー、ア~、ア~!」と叫びます。このあとの2ポイントはあっさりとミスして2-7で試合終了。観客席に手も振らずにさっさとコートから去って行きました。

 

 試合後の記者会見で伊達選手から飛び出したのが、『日本人は観戦マナーのレベルが低い!ア~、ア~とタメ息ばかりでやる気が削がれる・・・』という様な主旨の発言。おいおい!ちょっと待てよ!今日の観客全員が伊達選手の好プレーに拍手し歓声を送っていたじゃないか!タメ息が出るのは感情移入してしまっている証で、いい試合ならばこそ、出てしまうものではないでしょうか?欧米ではタメ息は「ア~、ではなくて、オー」というらしいので、聞こえ方が違うからなのでしょうか?・・・。私には、ストーサー選手がギアを上げてプレッシャーを掛けてきたのに耐えきれなくなって、ミスが出た、その結果負けたとしか見えないし、プロなら観られてナンボじゃないのかい?お客様あってのトーナメントじゃないですか?私の正直な感想です。 

 子供の泣き声がしたり、プレー中に席を移動したり、携帯が鳴ったり、サービスの構えに入っても静かにならなかったり・・・、これならマナーが悪いと言われても仕方が無いですが、プレーに魅入ってしまっている中での観衆のタメ息が、観戦レベルの低さだと言われては、応援する気が無くなります。皆様はいかがでしょうか?

 

   あくまでも、これは私の個人的な意見です。伊達選手をずっと応援してきた私にとっては、今回の発言は日本人として残念でなりませんでした・・・。 

  今週は楽天ジャパンオープンが始まります。錦織選手のV2なるか?個人的には、男子ダブルスのブライアン兄弟のプレーを観てみたいと思っています。皆さんも是非、有明コロシアムに足を運んで応援しましょう!